webcatalog_nahalu2017
112/120

RK/MFKFHPL/PT爽 感PLポロシャツと一般的なポロシャツ、PTシャツと一般的なTシャツとを、センターで縫い合わせ、工業洗濯、タンブラー乾燥1回という条件下で洗濯後の状態を見ました。一般的なポロシャツ・Tシャツはシワ、チヂミ、糸ヨレなどが出たのに対し、PL・PT素材ではそれがなく、しゃきっとした洗いあがりです。シワと縮みの比較PTTシャツ一般的なTシャツPLポロシャツ一般的なポロシャツ洗濯機 : 横型回転ドラム式洗濯機洗濯条件 : アルカリ洗剤使用、65℃にて19分洗濯後、常温水にて2分のすすぎと1分の脱水5回繰り返し。乾燥条件 : 65℃、1時間※ 当社PLに関しては、洗濯50回後の横方向の収縮も1%です。※PT素材の収縮率は、PL素材と同様です。洗濯収縮率の比較縮みにくい!024681012収縮率(%)PL10回後PL50回後他社-110回後他社-210回後他社-310回後他社-410回後1091. 汗をかくと、水分を肌側から外側へ瞬間的に移動させます。この機能により、肌にふれる生地部分をいつもサラサラの状態に保ちます。2. 外側に移動させた水分の気化を促進させる繊維の作用により発生する気化熱が周囲の熱を奪い、涼感効果を発揮します。「爽感」素材の メカニズム素肌蒸発させながら気化熱により周囲の熱を奪う肌は爽感素材熱熱熱素材素肌肌はサラサラ水分を瞬間移動汗汗汗051015202530354020分15分10分5分1分(%)(後)左・FH右・ポロシャツ(綿60% ポリエステル40%)FHポロシャツ防シワ性能比較ポロシャツ地の縮みに引っ張られて、FHにタルミ・シワが現れています。また、通常のポロシャツ地は洗濯を重ねると、普段シワを意識しなくても、表面に細かいシワやピリングがでることで見た目が悪くなっていきます。FHとポロシャツ地を縫合し、洗濯・タンブラー乾燥1回したものに、横から光をあててシワをチェックしました。吸水性比較右・FH左・綿100%FHは約17cm、綿100%は約6.5cm。FHの吸い上げ性能の高さを示しています。■左・FH■右・ポロシャツ(綿60% ポリエステル40%)乾燥性能比較洗濯・脱水後、乾燥するまでの時間を計測しました。FHが16分、ポロシャツ地は21分かかっています。乾燥条件:室温25℃、湿度60%、風速5m/sec(弱風)綿100%FH2.通気性データJIS L 1096A法120100806040200RKMFKスポーツメーカーの吸汗速乾素材綿100%ニット通気量 ( )cc㎝s//2肌側保水率(%)35302520151050RKMFKスポーツメーカーの吸汗速乾素材綿100%ニット1.肌側のサラサラ感データ吸水1分後の肌側保水率を測定しました。3.速乾性データ020406080100120スポーツメーカーの吸汗速乾素材綿100%ニット残留水分率 (%)0 5 10 15 20 25  30  35 (分)RK・MFKRKMFK環境:温度 20℃ 湿度65%速 乾形態安定

元のページ 

page 112

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です