wabcatalog_naway_2017
172/308

169※ 商品・素材についてのより詳しい情報は当社ホームページをご覧下さい。Dream夢が夢でなくなるとき。 自分の足で立ち上がったのは何日ぶりのことだろう。今日は、一人で窓際まで歩くことができた。目の前には、左右いっぱいに雄大な秩父連山が広がる。気持ちは高ぶり、小さくなっていたいのちがふっと緩み膨らみを帯びた。解き放たれた翼は、見覚えのある遥か彼方の山並みを越え、自由に森を駆け巡った。付き添うナースのこころからのうなずき。夢が夢でなくなる時を、誰より願っている気持ちが伝わる。夢を願う人がそばにいる、ただそれだけで私の心は勇気づけられた。

元のページ 

page 172

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です