wabcatalog_naway_2017
7/308

ひとりひとりのいのちがどこまでも自由であるように、目の前に広がる純白のキャンバスもまた、限りなく自由です。人は、震えるような感動や、時には苦しみとも悲しみともつかないせつなさを、一本の線や色、動きや音にして、いのちの彩りを描きます。そんなきらめきをどんな時でもそっとさりげなく受けとめてくれる人がいます。病める者の小さな声にも自分のことのように耳を傾け、あたたかい眼差しを向ける。懸命に生きようとするいのちへの、ナースの愛は優れたアートそのものです。患者さんの自由につながる医療・看護の理想の世界を目指して、ナガイレーベンもまた、ホスピタルウェア一途に、さらなる革新を推し進めてまいります。 ナースの愛は、優れたアートだ。4

元のページ 

page 7

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です