研究開発・商品企画

人といのちを見つめて。未来を探る、ベストないまをつくる。

ナガイレーベンは常に白衣の専門メーカーとしてトップの座にありました。医療への深い理解と製品化への情熱、未来をどう見据えて何をすべきか、明確なポリシーとコンセプトから製品は生まれます。人と健康、それに関わる全ての活動。ナガイレーベンは、医療環境や繊維の研究、技術開発、商品開発、マーケットリサーチに至るまで、一貫した考えに基づいた活動を行っています。

nl_com_6_1kikaku
商品企画室

nl_com_6_2kikaku

基本リサーチから、飛躍の発想。

「未来は現在の延長線にはない」これは未来学者A・トフラーの言葉です。私たちの研究開発も、同じ考えに基づいています。これまでナガイレーベンが蓄積してきたノウハウと知恵、技術を育み、有効活用することは、ほんの出発点。それだけではなく、高度情報社会、あるいは高齢化社会といわれる変化について、いち早く把握し、理解し、対処することが、これからの必須課題です。その基本的なデータ収集が、市場調査です。時代のニーズ、医療環境の変化などの市場動向を綿密に調査し、新しいニーズを開拓。その一つの現れが他には類をみない白衣のデザイナーズブランドの確立です。また商品の多様化を業界に先駆けたのもその実例です。白衣だけではなく、ナースシューズや着圧ソックス、サポートインナー、その他病院に必要な関連品をトータルに製品化。ここにも徹底したマーケティング志向が活かされています。単にデータとしてではなく、製品使用者(エンドユーザー)の生の声を白衣づくりに直接反映させることを目標に、全国のナースを対象としたアンケート調査を実施。数千名のお客様からいただいた厳しい意見をそのまま製品づくりに反映させています。マーケティングに忠実であるという原則。そこから大胆な発想が生まれていきます。

nl_com_6_4compel
本社コンペルルーム

nl_com_6_5prof
最先端の医服内環境

nl_com_6_6newsf

イートンシステム導入のため、スウエーデンを視察、現地の新聞にトピックスとして取り上げられた。

「人とは、衣服とは」の科学。

ファジーな事柄に科学のメスを入れて、具体的に把握する。一見、無駄と思われることでも徹底的に科学的な姿勢で臨むことにより、その研究過程でさまざまな収穫と新しい発見を生んでいます。たとえば、着やすさ、着心地とは何か。人と衣服の関係を原点から考えて、白衣のコンセプトを再構築する業界初の試みでした。東京芸術大学人間工学科の協力による「衣服のための人間因子の研究」に挑みました。研究の焦点は、理想の白衣とは何か。研究領域は看護生活全般。ナースの作業動作観察による素材の分析・評価。さらには皮膚の縮小や伸長に対する衣服の関与性など、多項目に及びました。この研究から得られた貴重で膨大な成果は、ナガイレーベンだけの財産。これらを応用して、機能性、デザイン性、ともにすぐれた、ナースウェアの進化が本格的に始まりました。

医療アメニティ戦略の研究。

ドクターやナース、患者など医療環境にある人々は、病院という建築物の生み出す環境をまとっている、と考えられないでしょうか。ナガイレーベンは、医療環境を広く、ホスピタルウェアと見ているのです。ナガイレーベンはこれまで造形・色彩心理学の側面からカラーにも工夫をこらし、楽しさを要素に盛り込んだデザイン白衣を開発・供給してきました。この試みと発想をさらに発展させ、従来になかった新しい病院・医療環境づくりのプランまでも提案しています。患者の闘病心理を臨床的に調査・研究し、疾病治療環境という概念ではなく、回復更生環境としてのプラスのコンセプトを据え、明るく、心理的高揚を誘う医療環境づくり。こうした経験を高齢化社会の望ましい環境づくりに活かす研究開発にも、すでに着手しています。

nl_com_6_7sagyou
作業姿勢実態調査の一部

nl_com_6_8sagyou

医療のための衣料素材の開発。

ナガイレーベンは化学繊維を白衣に採用した昭和27 年以来、素材機能に注目。わが国を代表する繊維メーカー「東レ」と技術提携し、糸づくりの段階から、白衣の機能性を拡大する努力をしてきました。洗濯に強く、アイロンがいらないなど取り扱いの簡便さはもとより、防透性、吸汗・発汗性、制電性などの機能をもつ素材開発、さらに院内感染の原因になる細菌の増殖を抑制する白衣など、医療従事者・患者さんの求めに応じた新素材を業界に先駆けて次々と開発してまいりました。特に手術分野では、米国スタンダードテキスタイル社と提携し、使い捨て商品からリユース商品として環境対応の新視点に立った対菌バリヤー性を備える「コンペルパック」は業界でも話題になりました。さらに「医服内環境」のコンセプトのもとに医療従事者の「医服」を新たな着心地へ、衣服内の快適環境の追求を推し進めました。涼感・接触冷感・高ストレッチなどの高機能素材の開発。また、医療従事者への綿密なモニターや全国の病院を対象に行われた年間温調調査をもとに、作業動作のストレスを解放するエアーアームカットやポンピング効果により、衣服内にこもった空気を放出する画期的な商品群「PRO-FUNCTION」(特許出願中)を開発しました。

nl_com_6_9labo
本社ラボラトリー

nl_com_6_10labo
手術衣素材撥水実験


マーケティング/ 製品ポリシー

私たちがつくるのは、単なる物ではない。
人と人の関わり。だから厚い信頼、おのずとNo.1。

信頼のブランド「ナウエイ」
信頼のブランド「ナウエイ」

ナースの期待に応えつづけてきたナガイレーベン。白衣といえばナガイレーベンといわれ信頼の代名詞として、今も変わらず愛され続けています。ナースの道とナガイレーベンの道はひとつ。心と心を結ぶコミュニケーションで育まれてきた「Naway ナウエイ」は、ナガイレーベンが誇る信頼のブランドです。患者さん、ナース、そして最良の白衣のために、最善を尽くす、ナガイレーベンの伝統です。

nl_com_6_11bd
ブライトデイズ® /資生堂との共同開発ブランド。

nl_com_6_12bb
「シードシー」ブランドは次代の白衣の新基軸の一つ

nl_com_6_12bb
ミッフィーシリーズ

nl_com_6_13pf
医療環境に白衣のイノベーション「プロファンクション」

nl_com_6_14song
ニューソング

nl_com_6_15kibo
刺繍に希望を込めた新企画ビタミンシリーズ

nl_com_6_16_4d
白衣の最高級品を目指す「フォーディープラス」

Naway のデザイナーブランド「Premium」

高機能白衣にファッション性が求められる時代に、いち早く応えたのがナガイレーベン。新進気鋭のデザイナーであった山本寛斎や花井幸子を早くから起用。さらにアツロウタヤマやケイタマルヤマのデザインを相次いで導入。個性豊かなブランドを開発・発信し続けています。

頂点に立つ高付加価値商品

4D+ はドクターの名にふさわしい品格と、プロの誇りを合わせもつナガイレーベンならではの本格的なドクターウエア。丁寧に格調高く仕立てられた最高級ランクに位置付けられているブランドです。

病院環境に白衣のイノベーション

ニーズの分散化がますます加速しています。少子化、高齢化社会など、社会の環境変化に伴って、病院形態も多様な変貌を見せています。次代を見据えた未来のイノベーション白衣の研究・開発を積極的に進めています。

サージカルシステム

最先端のサージカルウェア「コンペルパック」は、使い捨てが当たり前だった手術現場で、環境への配慮から開発されたリユース製品です。優れた防水性、撥水性を誇り、交差感染からもガード。先端医療に対応する先端衣料として高く評価されています。

nl_com_6_17nasoul

& Patient Wear & グッズ

プロの現場にいる医療当事者の要望に、どれだけ耳を傾けられるか。例えばナースが着用するのは白衣だけではありません。キャップ、シューズ、ハードワークを和らげるインナーウエアまで、その一つ一つは、ナースの快適環境になくてはならない製品。医療環境をトータルで捉え、周辺商品を手がけるのもナガイレーベンの使命です。また、窓口となるスタッフ、患者さんはもちろん検診される方からも、必要とされる製品を開発してお届けしています。

nl_com_6_18hands


リスペクトがウエアづくりの原動力「ナハル
リスペクトがウエアづくりの原動力「ナハル」

「ナハル」はナガイレーベンの頭文字「ナ」と芽吹きの「ハル・春」から生まれました。人生はいつまでも可能性を秘めた、いのちの芽を含んだ春のようなもの。このコンセプトのもと、社会貢献されてきた方々へのリスペクトを原動力にナハルの開発は始まりました。様々な人生の瞬間に目を向け、喜びの花に変えていく。介護ウエアにはまだまだできることがたくさんあります。白衣づくりで培ってきた豊富な経験と技術とノウハウを介護ウエアに惜しみなく注ぎ込みます。介護する方々のみならず、環境においても様々な効用が求められるユニフォーム。気分を変えるのも、介護ウエアの大切な役割の一つです。クレージュのカラフルなデザイン、世界中で愛されているミッフィーの介護ウエアの導入は、介護従事者や利用者の心を明るくしています。ナガイレーベンは、全国の施設に、着用する方々に、もっと、もっと「春」をお届けしていきます。

nl_com_6_19bb
礼節と誇りをサポート

nl_com_6_20cc
デザイナーズブランド、横森美奈子のケアクルー

nl_com_6_21stylish
ハイグレードな介護ウエア

nl_com_6_22miffy
ミッフィーも仲間のホームテイストのウエア

nl_com_6_23prf
スポーツテイストの介護ウエア


ナガイレーベンのおもな宣伝・販促活動

nl_com_6_9labo

ナースルーム

視覚だけに頼るカタログやウェブサイトでは、品質の良さを実感することはできません。商品への理解を深めていただくために、ナガイレーベンは、ウェアを直接体感する場「ナースルーム」を開設しています。今ある白衣のすべてがラインアップされ、お好きな白衣を自由に選ぶことができ、試着して初めてわかる着心地の良さや風合いを、一点一点、自由に味わうことができます。白衣への様々な質問や疑問、相談にもお答えしています。ナースからのご要望やご意見は商品企画や私どもの企業活動に反映し、お客様に還元いたします。

カタログ

ナイチンゲールの時代から変わることなく、白衣はナースの象徴として今日まで継承されてきました。誇り、敬愛、感謝、祈り・・・。毎年刊行されるカタログ表現の根底には、ナースへの深いリスペクトと感謝とが込められています。創刊は半世紀前にもさかのぼり、業界では初めてのことでした。まさに、ナガイレーベンのカタログは、白衣の歴史と言っても過言ではありません。現在、カタログに掲載できない情報はウェブカタログで補完して伝えています。また、一部の限定商品に限りネットショップにて購入することができます。

nl_com_6_25labo
年間カタログ

nl_com_6_26netshop
ネットショップサイト

広告・展示会・キャンペーン・衣装提供

看護の日を記念して、展示会を開催。ナースとのコミュニケーションをテーマとしたキャンペーンを展開しています。展示演出は、ナース一人一人が背負った様々な感情を思い、共感、敬愛、感謝、励まし、生きる喜びなどを「感じられる」空間つくりを目指しています。来場者には心に残る詩集「いのちの力になりたい。」を、環境に配慮したエコバッグに入れて配布しています。期間中は看護フェアを応援するポスターを都内と開催地の駅構内に掲示、さらに、フロアーショーや広告出稿など積極的なメディア展開を行っています。ナースの皆様にはコミュニケーションカード(ポストカード)を始め、年末にはナースをモチーフにしたカレンダーを差し上げています。また、ナガイレーベンは古くから映画、テレビ、舞台などに積極的に衣装を提供し、多くの皆様に親しまれています。

nl_com_6_27hps
ホスピタルショー展示会

nl_com_6_28hcr
国際福祉機器展

nl_com_6_29tv
TV 衣装提供商品

nl_com_6_30kanda
JR 神田駅電飾広告

nl_com_6_31kaisatu
看護フェア改札口広告

nl_com_6_32kokok
業界紙広告