財務ハイライト

  • 当平成29年8月期:第68期決算の概要
  • 過去最高の売上高・営業利益を達成

医療・介護業界におきましては、医療費増加抑制のための一部大型商品の薬価基準見直し が実施されましたが、診療報酬及び介護報酬の改定の年度ではなかったため、その影響は限定的であり、市場は概ね安定的に推移いたしました。
このような状況のもと、当社グループ(当社及び連結子会社)は、主力のヘルスケアウェアの順調な増収に加え、患者ウェアが引き続き好調に推移し、高感性・高機能の高付加価値新 商品群が全体を牽引したことにより、当初計画を達成し、過去最高の売上高となる170億17 百万円(前年同期比2.9%増)となりました。生産に関しましては、国内の人手不足により加工賃の上昇が続き、円安傾向が進み海外での仕入原価が上昇したものの、海外生産シフト効果や価格改定の浸透、並びに新商品群の販売も好調に推移した結果、売上総利益率は47.5%(前年同期比0.8ポイント増)となりました。

    前年同期比
売上高 170億円 2.9%増
売上総利益率 47.5% 0.8ポイント増
営業利益 52億円 5.9%増
当期純利益 36億円 12.6%増
総資産 409億円 20億円増
自己資本比率 89.2%

主な経営指標

  • 売上高・売上総利益率
    売上高・売上総利益率
  • 純資産・自己資本比率
    純資産・自己資本比率
  • 1株当たり当期純利益・ROE
    1株当たり当期純利益・ROE
  • 1株あたり配当金・配当性向・総還元性向(単体)
    1株あたり配当金・配当性向・総還元性向(単体)